ズボラ家電

一人暮らしや共働き家庭にも食器洗い乾燥機を!パナソニック「プチ食洗」で時短&節約

 

あるけ~
あるけ~
こんにちは、あるけ~(@apxn24)です。
日常生活において如何にして手を抜くかを毎日考えている社畜兼業主婦です。

ズボラ家電の代表格「食器洗い乾燥機」。

デカくてかさばるイメージだったのですが、最近ではコンパクトな製品が増えました。

とくにオススメがパナソニック「プチ食洗」シリーズ。

一人暮らしや核家族世帯向きの食器洗い乾燥機です。

手洗い派だった私が食器洗い乾燥機に手を出した理由

あるけ~
あるけ~
1人暮らしや核家族で食器洗い乾燥機を使うなんて勿体ない。

手で洗った方が絶対はやいわ!

私は長年そう思っていましたが、食器洗い乾燥機を購入して見たら世界が180度変わりました。

最近では「なんでもっと早く買っておかなかったんだろう。」と後悔しています。

手洗い派だった私が、食器洗い乾燥機を購入するまでに至った理由を3つ紹介させていただきます。

食器洗い乾燥機を使用すると節水に繋がる

1分間、蛇口を開けっ放しにすると何リットルの水が流れるかご存知ですか?

答えは、10Lです。10分間流すと100Lです。

私は食器を洗うと5分くらいはかかるため、毎日50L以上の水を垂れ流しにしていることになります。

あるけ~
あるけ~
えっ、そんなに流れてるの!?もったいない!!

その点、パナソニック「プチ食洗」の標準使用水量は9L/1回。

手洗いをやめて食器洗い乾燥機を使うと、1回につき-39L以上の節水となるのです。

食器洗い乾燥機に入らない鍋などを手洗いするにしても、-20Lの節水は硬いでしょう。

食器洗い乾燥機を使用すると手洗いするよりも清潔に洗える

手洗い派のみなさん。

「食器用のスポンジ、最後に替えたのいつですか?」

私は超絶モノグサ女のため、1か月に1度の頻度でしか変えていませんでしたが、「た〇しの家庭の医学」曰く、スポンジは、1週間に1度変えるのがベストだそう。

1か月間使い倒したスポンジは雑菌だらけ。

あるけ~
あるけ~
 え、そんなに替えないといけないの…。

いつスポンジをおろしたか、覚えておくのがめんどくさい…。

あと、そんなにスポンジガンガン替えてたらエコじゃないと思うし。

食器洗い乾燥機を使用すると、スポンジを使用して手洗いするよりも清潔に洗えます。

また、当ブログでオススメの食器洗い乾燥機「プチ食洗」は、メンテナンスが月1~2回でOKなんです。

あるけ~
あるけ~
めんどくさくない!

食器洗い乾燥機を使用すると時短に繋がる

あるけ~
あるけ~
二人暮らしだし、食器洗い乾燥機回してる時間よりも手で洗った方が早いわ

などと家を出て5年間ずっと思っていました。

久々に実家に帰ったら、一人暮らしの母がなんと食器洗い乾燥機を購入していました。

使用感はどうなのか?と聞いてみたら、長年主婦をやっている目の肥えた母が珍しく大絶賛。

あるけ~の母
あるけ~の母
ちょっとゆすいで、食器洗い乾燥機に食器放り込んで終わり。
濡れた食器を拭く手間もないから、かなり楽やで。

どうやら、実際に毎日10分以上の時短になるらしい。

また、洗剤に触れる時間が減って、母が長年の悩みとしていた手荒れが解消したと喜んでいました。

母の口コミをほんまかいや。と疑いましたが、家事が楽になると聞いて、面倒くさがりの虫が黙っちゃいられない。

ついに、人生で初めて食器洗い乾燥機の購入に至りました。

オススメ食器洗い乾燥機:Panasonic プチ食洗 NP-TCR4

 

狭いキッチンにも省スペースで設置できる水かごサイズの食洗機です。

小型なのに、約3人分の食器が入ります。

従来の製品より、かごがフラットに改良されています。

倒れやすいどんぶり鉢や安定しづらい水筒も入れやすくなったらしい。

Panasonic プチ食洗 NP-TCのスペック

Panasonic プチ食洗 NP-TCR4のオススメポイント

パナソニック「プチ食洗」NP-TC。

一人暮らし・核家族世帯用の食洗機と言う謳い文句で販売しています。

具体的には他の食洗機と何が違うのでしょうか?

「プチ食洗」NP-TCR4のオススメポイントを3つ紹介します。

「プチ食洗」NP-TCR4は他の食器洗い乾燥機と比べてコンパクト

パナソニックのレギュラータイプの食器洗い乾燥機の設置面積は550×350×650mm(幅×奥行×高さ)。

その点、「プチ食洗」NP-TCR4の設置面積は470×300×520mm。

その差は幅が10㎝、奥行きは5㎝。

「プチ食洗」NP-TCR4は水切りかごくらいのサイズ感です。

狭いキッチンでも無理なくおけるところが、「プチ食洗」NP-TCR4の魅力。

自動で節電機能「エコナビ」搭載

「エコナビ」とはパナソニック商品の節水・節電機能。

機械内に内蔵されているセンサーで状況を判断し、食器の汚れ具合+食器量+室内温度に合わせて、ちょうどいい洗い方を判断してくれる機能です。

「プチ食洗」NP-TCR4の標準モードであれば、約9Lの水量を使用しますが、エコナビなら約7.5Lとさらに節水が期待出来ます。

約1.5Lも節水できるのに、きっちり綺麗にしあがります。

あるけ~
あるけ~
 なんて要領の良い奴なんだ…

低温ソフト機能搭載で熱に弱いプラスチック製食器も洗える

食器洗い乾燥機は、食器をしっかりと洗うために基本的には熱湯で洗浄しています。

しかし、湯が熱すぎて、熱に弱いプラスチック製品が溶けてしまうこともしばしば。

「プチ食洗」NP-TCR4には、低温ソフトという機能が搭載されています。

文字通り低温で食器を洗浄してくれる機能のことです。

これなら、熱に弱いプラスチック製品も心配なく洗えます。

あるけ~
あるけ~
この食器、溶けないかな?って微妙なときはとりあえず低温ソフト機能を使ってみるのもアリかもね。

さいごに

一人暮らし・共働きだと、食器洗い乾燥機は、大袈裟かなあ?と思いますが、全くそんなことはありません。

食器洗い乾燥機は、時短だけでなく節水・節約につながります。

食器洗い乾燥機をガンガン使い倒して、時間・水道代共に節約していきましょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA