ガジェット

実家が光回線のエリア対象外で通信制限かかりまくりだった話

こんにちは。あるけ~(@apxn24)です。

私の実家は広島市の端っこの方。

田舎というほどではありませんが、交通手段がバスしかないちょっと不便なところです。

実家に住んでいて一番困ったのは、光回線がエリア対象外だったこと。

あるけ~
あるけ~
今時光回線が開通出来ないなんて…。

当時ネット中毒だった私は、もうそれはそれは苦痛でした。

そして光回線のエリアの対象に入ることは、私が実家を出るまでありませんでした。

実家は今、母親だけの1人暮らし(+猫2匹)。

毎日退屈しているようで、母親の最近のマイブームはスマホで動画を見ること。

そのため、毎月かなり早い段階で速度制限を食らっているよう。

通信制限のかかった月の後半は本当に暇を持て余してるので、めっちゃ夜早く寝ていると聞き、なんとか解決してあげたいな、と思って光回線エリア対象外の時の対処を調べてみました。

ADSLを契約する

昔懐かしADSL。

光回線のエリア対象外でも、ADSLならば開通出来ます。

速度は光回線より遅いです。

ですが…、この光社会、実はADSLが穴場になっていて、皆が想像するよりは通信速度は遅くないという噂もあります。

私はADSLをしばらく使用してないので、真偽のほどは定かではありませんが。

 

YahooBB ADSLのチェックポイント

メリット:料金がとにかく安いこと
デメリット:通信速度が遅い(最大12~50Mbps)、近年にサービスが終了する可能性が高い。

 

yahooはまだADSLサービスを行っていますが、NTTやKDDIなどはサービス終了しています。

近い将来、yahooもサービス終了するかもしれませんね…。



モバイルWiFiを契約する

私が実家に住んでいるときは、ポケットWiFiを使用していました。

ymobileとUQ mobile、両方とも使ってみましたが、断然UQ mobileの方がオススメ。

ymobileは月々の値段は安いのですが、通信制限がめっちゃ厳しいです。

ちょっと奮発しても、モバイルWiFiはUQモバイルを使うべき。

 

WiMAXのチェックポイント

メリット:電波の持ち歩きが出来る。他のモバイルWiFiより速度が速い。月額費用が安い。

デメリット:3日間10GB以上を使用してはならないという通信制限が有る。障害物に弱い。

 

UQモバイルの通信制限の条件は、他のモバイルWiFiのものより、条件が易しいです。

「3日間に10GB以上使用してはならない」と言う条件。

youtubeの動画を毎日2時間以上見続けていたら、速度制限かかるかなあ?といった感じです。

回線の持ち歩きをされたい方は、WimaxのモバイルWiFiがイチオシです。

ソフトバンクAirを契約する

この間、友人の付き添いでソフトバンクショップに行くことがあり、ソフトバンクAirという商品を認識しました。(遅い)

うちの実家はこれが必要だったんだ!と感動。

コンセントにソフトバンクAirを刺すだけで、家にWifiの電波がやってくるという商品。

本当は光回線にしたいのに、契約できない事情がある、

でもガッツリインターネットを楽しみたい方にはこちらがダントツでオススメ。

ソフトバンクAirで通信回線に不満があった場合も、8日間以内ならクーリングオフが可能です。

ソフトバンクAirのチェックポイント

メリット:工事が不要。通信制限がほぼない。通信速度が速い。有線も可能。

デメリット:ルーターの持ち運びが出来ない。契約が4年縛りと長い。月額使用料は高め。

 

置いてコンセントを刺すだけでインターネットが楽しめるお手軽さもありながら、AirターミナルにLANポートがついていて有線でも使えます。

ゲームもそこそこ頑張れるそうです。すごいぜソフトバンクAir…。

 

さいごに

光回線のエリア対象外だった時の対処法を提案させて頂きました。

私はガッツリインターネットをしたいので、ソフトバンクAirを選びますが、Wimaxは持ち歩きが出来るので、外出先でのインターネットが可能です。

それぞれの通信サービスにそれぞれのメリット・デメリットがありますね。

光回線がエリア対象外だったとき、通信サービス選びに悩まれている方は、是非こちらの記事を参考にしてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA