カメラ

カメラ初心者やサブカメラにオススメ。8万円以下で買えるミラーレス一眼を比較!

こんにちは、あるけ~(@apxn24)です。

私の趣味の一つは写真撮影です。

何を隠そうトイデジ(ViviCam 5050)から始めた、元森ガール(死語)です。

そこから結構どっぷりカメラにハマり、一時期カメラのキタムラでバイトをしておりました。

そのときに社割で購入したNikon FEというフィルムの一眼レフを愛用。

そこからもっぱらフィルム派だったのですが、この間奮発して、Nikon Dfを購入。

Dfはデジタルだけど、フィルムのような操作感の一眼レフ。

フィルムの頃のレンズ資産もあるので、これだー!と思って購入したのですが、めっちゃ重たい。

持ち歩きすると肩こりしてしまうんですよね…。

Dfは、本気で撮るカメラとしては最適だけれど、サブカメラが欲しい…と思い、

  • ミラーレス
  • 8万円以下
  • ダブルズームレンズキット

という条件で大手5社のミラーレス一眼のカメラを比較してみました。

Canon EOS M6 ダブルズームキット

言わずと知れた大手カメラメーカーのCanonが出すミラーレス一眼。

デザインがフィルムライクだけどどこか現代チックでカッコイイですね。

こちらの特徴は、AF(自動ピント合わせ)の技術。

EOS-1D X Mark IIというキャノンの最上級グレードの一眼レフ(80万円くらい)と同じAFセンサーを使用しています。

めっちゃピント合わせ速いです。

また、カメラのセンサーはAPS-CサイズのCMOSセンサー。

一般的なミラーレス一眼のセンサーサイズは、マイクロフォーサーズと言い、

エントリー機種の一眼レフのセンサーの3/4のサイズです。

EOS M6は一眼レフカメラと同じサイズのものを使用しています。

センサーサイズが大きいことのメリットは、

  • 写真の解像度が上がり細かい描写が可能になる
  • 一眼らしいボケ味のある写真が撮りやすくなる

デメリットはカメラの本体が重たくなることです。

多少カメラが重たくなっても良いから、ピント合わせ早くてしっかり一眼してる機種が買いたい!って方にオススメの逸品です。

Nikon Nikon1 J5 ダブルズームキット

こちらも言わずと知れたカメラメーカーNikonのミラーレス一眼。

デザインが、レトロな感じで可愛いですね。

Nikon1 J5の大きな特徴は、軽量で持ち歩きに便利だと言うこと。

上記Canon EOS M6のCMOSセンサーとは逆転の発想で、普通のミラーレス一眼よりもセンサーサイズを小さくして、その分コンパクトで軽量な仕上がりになっています。

一眼レフのようなボケ味のある写真は、別売の単焦点レンズを購入することで撮影が出来ます。

また、暗い場所で写真撮影するとノイズが映りますよね。

Nikon1 J5は、暗い場所でも鮮明に撮影することができるノイズリダクション機能
搭載されています。

ISOガンガンにあげた撮影もばっちりイケます。

そして、高速な画像処理が出来る画像処理エンジン「EXPEED 5A」を搭載。

これで高速連写はもちろん、4Kの動画撮影もお手の物です。

素敵な写真は撮りたいけど、重たいのは嫌だ!と言う方にオススメの逸品です。

SONY α6000 ダブルズームレンズキット

SONYって家電メーカーじゃん。カメラ事業の参入は最近なんでしょ?と思っていませんか?

実は昔、大手カメラメーカーだったコニカミノルタがカメラ事業を撤退したときに、SONYはミノルタのカメラ『αシリーズ』の権利を一部買い、継承するようになりました。

実は、SONYのカメラには長い長い歴史があります。

SONY α6000の大きな特徴の1つは、canonと同じくAPS-CサイズのCMOSセンサーを使用しながら、ボディの重量は285gと比較的軽量に仕上がっているところです。(CanonのEOS M6は390g)

コンパクトながら、高画質でボケ味のある一眼らしい写真が撮れます。

そして本体内にファインダーが搭載されています。
(上記の2つのカメラはファインダーは外付けで別売になっています)

ファインダーの有無は、実は結構重要。

日当たり良好な日に、液晶だけだと太陽が反射して何を撮ってるかが見えないってことがあります。

そんなときにファインダーがあれば、照り返しに関係なく被写体を捉えることが出来ます!

そしてスマートフォンがレリーズ(カメラのリモコン)になる「スマートリモコン」という機能が搭載されています。

「スマートリモコン」で、スマートフォンから写真の構図を確認することもできます。

これがあれば、集合写真の撮影や、星空の撮影などもばっちりです。

しっかり一眼らしい写真を撮りたいけど、重たいのは避けたいと言う方にオススメの逸品です。

OLYMPUS OM-D E-M10 MarkII EZダブルズームキット

私は、オリンパスと言えば、宮崎あおいちゃんのCMの「ココロとカラダ、にんげんのぜんぶ。オリンパス」のイメージが強いです。

てかあのCMがなかったら写真やってなかったかもしれない(元森ガールの感想です)

OLYMPUSは、PENシリーズを大ヒットさせた、ミラーレス一眼人気の火付け役と言っても過言ではありません。

最近は、逆にフィルムの方のPENをカラフルにデコって売ってたのを見ました。ビビる。

OM-D E-M10 MarkIIの特徴は、5軸手ぶれ補正

本体に手振れ補正がついているカメラは、センサーがぶれないように中で動いてくれています。

ミラーレス一眼のエントリー機種はセンサーが、タテとヨコで十字の動きをしています。

E-M10 MarkIIは斜めにもセンサーが動けるようになっています。

こちらがすごーく画期的なのです。これで写真の失敗も減りますよ!

また、OM-D E-M10 MarkIIはクリエイティブ撮影機能が満載です。

ヴィンテージ調、クロスプロセス調などアートフィルターの種類は14種類、ソフトフォーカス効果・トンネル効果など、アートエフェクトの種類は9種類とあります。

一眼レフをはじめて触る方でも、気軽にオシャレな写真が撮れますよ~。

そしてオリンパスはミラーレス一眼の参入が早かったため、比較的交換レンズの数も多いです!

カメラにハマったら次はレンズを買う!ようこそ機材沼へ!

写真の失敗を減らしたい・いずれ交換レンズを買いたい、そんな方にオススメの逸品です。

Panasonic ルミックス GF9 ダブルズームレンズキット

パナソニックは、家電メーカーらしい便利機能てんこ盛りなカメラを販売しています。

キタムラでバイトしていた頃は、勧めやすい機能の多いパナソニックのカメラを一番売ってました。

パナソニックは、あの高級カメラメーカーのライカと提携しています。

交換レンズにライカレンズが使えるわけですね。すごい。

ルミックスGF9の大きな特徴は、自分撮りのしやすい一眼というセールスの仕方。

めっちゃ斬新。

美肌モードは細かく10段階に分かれています。

そして、ビューティーレタッチ機能が搭載されています。

  • 肌や顔の輪郭を簡単に変えられる「エステレタッチ」
  • ファンデーションの色を調整できる「ベースメイク」
  • リップ・アイメイク・チークなどをがつけられる「メイクアップレタッチ」
  • 写真の中の表情を笑顔にできる「スマイル」

プリクラのように盛れる写真が撮れますよ~。

そして4Kフォトモードでは、秒間30コマ撮れます。

動きのある写真が簡単に取れるし、連写で自撮りしてベストな自分を見つけるのもアリです。

唯一無二のミラーレス一眼かもしれません。新しいです。

気軽に一眼っぽい写真を撮りたい。一眼で自撮したい。そんな方にオススメの逸品です。

さいごに

8万円以下で買えるミラーレス一眼を比較してみました。

ひとつひとつの機種に個性がありますね。

機能や用途にあったもので選ぶのもよいですが、フィーリングを大切にして選ぶのもよいかもしれません。

愛着がないと持ち歩きませんしね。

初めてのミラーレス一眼の購入でお悩みの方に、この記事を是非参考にしていただければと思います。

 

 



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA