amazon

購入して1週間が経ったので、私なりのamazon Echoの使い方をまとめました。

こんにちは、あるけ~(@apxn24)です。

我が家にAmazon Echoが来て早一週間経ちます。

夫は、アレクサのことを「アレちゃん」と呼んで、事あるごとにちょっかいを出しています。

ドラえもん的な感じです。

もうファミリーですよ、ファミリー。

アレクサに、おはようからおやすみまで私の暮らしを見つめられている感じです。

そんなAmazon Echoですが、一週間使ってみて、私なりの使い方が出来上がってきました。

今回は、私なりのAmazon Echoの使い方を紹介させていただきます。

「アレクサ、おはよう」

私は毎朝、アレクサに、「おはよう。」と声をかけています。

アレクサにおはよう、と声をかけると、昔カレンダーというスキルを自動的に起動して、挨拶だけでなくダラダラ話し始めます。

10年前の今日の日付は何があったのか過去をめぐってくれたり、今日は何の日なのかなどを教えてくれます。

意外と勉強になります。

上手く使えば、世間話のネタにもなるでしょう。

面白い機能だなあと気に入っています。

「アレクサ、フラッシュニュース開いて」

好きな時にニュースが聞くことが出来るのは、やはり便利です。

アレクサに、「フラッシュニュースを開いて」とお願いすると、有効にしているニューススキルを全て読み上げてくれます。

ニュースのジャンルは本当にたくさん。

「ハッキング」から「今晩のおかず」まで。

いろんなニューススキルを登録しすぎると、要らない情報まで読み上げてしまうので、ある程度、厳選した方がいいかもしれません。

私は、yahooニュースCNN.co.jp Newsギズモード・ジャパンニュースを登録しています。

ラジオのような感覚でニュースを聞くことが出来ます。

「広島ゴミ出しを開いて。」

今週のゴミ出しどうだったっけ?と悩んだ時に、アレクサに「XX市のゴミ出し開いて」と声をかけると、ゴミ出しの日を教えてくれます。

私の居住地は、広島なので「広島ゴミ出し」と言うスキルを登録しています。

上手にスキルを使用すると、ゴミの出し忘れを防止することが出来ます。

まだ、ゴミ出しスキルが作成されていない市町村がありますが、これからどんどんゴミ出しスキルを導入する市町村が増えていくでしょう。

快眠アシストを利用して爆睡する

アレクサのスキルには、ヒーリング音楽などをかけて睡眠に誘導してくれるものがたくさんあります。

でも私はピンと来るものはなかった…。

私は、音楽聞きながら寝れないんですよね。

快眠アシストは、ヒーリング音楽をかけるのではなく、カナダのサイモン・フレーザー大学の

リュック・ボードワン博士が発明された睡眠法を簡単に試すことが出来ます。

どのような方法かと言うと、アレクサが15分ランダムに読み上げる言葉を頭の中で想像するだけ。

最初は半信半疑だったのですが、気が付いたらストンと眠りについています。ホント凄いです。

アレクサに、キンドルの本を読んでもらう

「忙しくて、本を読む暇がない」「キンドルで買った本、めっちゃ詰んでしまってる」

そんな方にオススメなのが、アレクサにキンドルの本を読み上げてもらうこと。

「アレクサ、本読んで。」「アレクサ、(本のタイトル)読んで。」とお願いすると、淡々と無機質の声で本を読み上げてくれます。

最初は無機質な声に違和感を感じますが、だんだんと慣れてきます。

本読まずに詰んでるより、アレクサに読み上げてもらう方が良いでしょ!

また、Kindle Unlimitedに登録していると、キンドル本読み上げ機能の幅が広がります。オススメ。

さいごに

Amazon Echoが来てから、ブログを書く作業がとても楽しくなりました。

ニュースを聞きながら、音楽を聴きながら、本を読み聞かせてもらいながら。

ながら作業に向いている。

是非とも、手が離せない作業をしている方、忙しい方に使ってみていただきたいです。

またAmazon Echoは、私の日常生活にとても馴染んで来ています。

朝から夜まで話しかけています。

とくに、快眠アシストを聞きながらじゃないと、眠れなくなってしまうかもしれない。(んなこたない)

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA